京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


オーナーへメッセージ
< 2018年01月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
QRコード
QRCODE

2014年05月20日

「きりん座流星群」、出現なるか





5月24日、新たな流星群「きりん流星群」が出現する可能性が指摘されている。
予測極大時刻は日本ではまだ昼間だが、どのような出現となるか
全く未知数なだけに要注目!




きりん座流星群(仮称、以下「きりん群」と略)は、
5月24日に新流星群としての出現が期待される流星群である。

流星群のもとになる塵を放出した天体を母天体と言うが、
きりん群の母天体はリニア彗星(209P/LINEAR)である。
この天体は、2004年2月3日にLINEARプロジェクトによって
小惑星状の天体として発見された。その後、同年3月30日に
サイディング・スプリング天文台のマクノート氏によって尾が観測され、
彗星であることが確認されている。彗星は公転周期が約5.1年であり、
太陽から最も離れる遠日点が木星軌道に近い木星族の
新しい短周期彗星であった。また太陽に最も近づく近日点付近では、
地球軌道よりも内側に入りこんでおり、2014年5月には彗星が
地球に比較的接近することも判明した。


極大時刻の日本は昼間の時間帯であり、通常の観測ではとらえることができない。
だが日本で流星を目撃する可能性はまだ残っている。
ひとつには、今回のきりん群は明るい流星が流れる可能性がある。
マイナス8等よりも明るい火球が出現すれば、青空の中でも見えるだろう。
その数はひじょうに少ないと考えられるが、しし座流星群などで昼間に
流星が見られたこともあり、チャレンジする価値はありそうだ。

もう一つは夜を待つことである。関東地方の薄明終了は20時30分だが、
20時ごろには眼視観測が可能になる。
ダストトレイル接近による一般的なケースでは、極大の前後2時間程度が
出現時間だが、もっと広く塵が分布している可能性もあり、
出現が長引くかもしれない。また予想をはるかに超える大出現が起これば、
極大後にもそれなりの数の流星が出現するはずである

情報元
http://www.astroarts.co.jp/news/2014/05/13camelopardalids/index-j.shtml


Posted by dttume at 23:47